お薦め記事
人生楽しまないと!

働かないおじさんの還暦ルーティン③副業せどり?

還暦間際の働かないおじさんにとって、収入を増やす方法として現在の会社に勤めながらの副業が最強です。週末の持て余している時間を使って副業にトライをしようと行動を起こしました。一般的なアルバイトではなく、転売(せどり)をやってみよう。
人生楽しまないと!

働かないおじさんの還暦ルーティン②ウイスキーを趣味にする

一生懸命生きてきて(と本人は認識していますが)、気がついたら還暦間際。人生を振り返る瞬間で気がつくことがあるものです。私は自分がウイスキー好きだったことを思い出しました。これからの人生を共に歩みたいです。
人生楽しまないと!

働かないおじさんの還暦ルーティン①簿記3級合格

転勤が1年ごとに3度続いて、定年間際の処遇あるあるを体験中。それでも退職後の不安を無くそうと、少しずつできるところから行動しています。まずは、2回連続して不合格となった簿記3級にトライし、3度目の正直、みごと合格をしました。高校生レベルの記憶力理解力は残っていると理解してもいいですよね。
働かないおじさん

働かないおじさんのカーボンニュートラル

人間も消費型の社会から、植物を見習い循環型の独立栄養方式の姿を目指すべきなんですが、次世代には、人類の叡知を持って実現できていると信じてます。その頃には人類は死を克服して神様になっているのでしょうか?ユヴァル・ノア・ハラリ氏の著書を思い出します。
お金の勉強

働かないおじさんに副業詐欺「簡単な作業で月に100万円?」

な”働かない妖精おじさん”が「簡単な作業で月に100万円は稼げる」といった副業サイトの誘いに乗ったら大変なことになりかねません。おかしいと思ったり、心配なことがある場合は、一人で悩まずに、お住いの地域の消費生活センターへ相談しましよう。
働かないおじさん

退職勧奨、その場のサインはNGですよ。働かない”妖精”おじさん。

よくあるのが雇用先から一方的に条件提示され「この条件で退職してください。同意できなければ解雇になります」と言われたり、「これにサインしないと特別退職金も出さない」と言われると、みんな焦ってサインをしてしまいます。
働かないおじさん

絶滅危惧種 働かないおじさんの逃げ切り戦略?

昨年、朝日新聞に掲載された「朝の妖精さん」という記事も大きな反響を呼びました。朝はきっちり出社するけれど、いつの間にか姿が見えなくなっている。こうした定年間近のシニア社員を揶揄して呼んだもの。要は「働かないシニアおじさん」です。
お金の勉強

サラリーマン税金・保険料負担の天引きが増加

厚生年金や健康保険、介護保険などの保険料値上げによって、月給30万円のサラリーマンが本来もらえるはずの給料から天引きされる税金と社会保険料の割合は、2003年の39.38%から2021年には46%まで引き上げられました。
人生楽しまないと!

働かないおじさんの十牛訓(悟りに至る10段階)

『十牛図』とは、逃げ出した牛を探し求める牧人の様子を、段階的に描いた十枚の絵です。「牛」は「ほんとうの自分」の象徴で、牛を探し求める牧人は「真の自己を究明する自分」をたとえたものです。
お金の勉強

働かないおじさんのラストスパート”やめる”こと3つ

支出額と年金受給額のギャップがあると言っても、再雇用で働いたり、アルバイトしたりして人的資源を活用しての収入源確保はされるので何とかなるのだと思いますが、このギャップを埋める方法があるなら、知っていて損はないと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました