お薦め記事

2021-01

早期退職

早期退職 50歳が会社員の折り返し地点?

75歳まで働くと考えた場合、現在30歳の方はあと45年、50歳の方でもあと25年、ようやくあと数年で自由になれると思った瞬間ゴールが遠のいた気分です。ようやく折り返しを過ぎた地点という状況なのです。
人生楽しまないと!

早期退職 生活ダウンサイジングなら楽天モバイル一択

私の毎月のデータ使用料は、20GB以下なので、1か月1980円となる。現在のDocomoの利用料金が13,000円くらいなので、1万円/月以上の支出削減ができる。年間15万円ほど支出を減らして、それを5%で運用、10年間で約200万円、東南アジア半年優雅に暮らせる。
お金の勉強

早期退職の準備 生活のダウンサイジングで月15万円

「そんなの無理です」と言われることが多いのですが、ほんのちょっと視点を変えて考えますと、気持ちも切り替わります。家計管理のシミュレーションを始めると、ムダな出費に気付き、ものを価格ではなく、機能としての価値で見れるようになります。
早期退職

早期退職 会社の強要をかわす3つの交渉術

割増退職金や再就職サポートなどを“エサ”に法律違反すれすれの退職強要を迫る会社から働き口を守るにはどうしたらよいか?①面談時に『録音していいですか』と一言告げる。②面談の延長をもくろむ会社の戦術に乗らない。③否定できる質問にはキッパリと否定する。
早期退職

早期退職 「社員の個人事業主化」電通とタニタの違い

電通は、会社への依存度は高くないが、退職者に対し新しい業務範囲の開拓者としての期待をにじませている。一方タニタは、会社への依存は高く、タニタからの業務が中心になっているようです。このような個人事業主化も一つの選択肢として持てるといいですね。
早期退職

早期退職募集 三菱ケミカルと電通その後

三菱ケミカルは従業員の職責と成果の適正な評価や主体的なキャリア形成を主眼とした制度に変えるそうです。また、電通でおこなった「社員の個人事業主化」はやる気があり、ポジションがなくなった管理職には許容できる働き方ではないかと思います。
早期退職

早期退職 予想外の疎外感

早期退職の成功には生活時代をダウンサイジングすることが必要。断捨離をして必要最低限の支出だけで暮らすしていけることを実現できるかにあります。さらに、経済的にそれができたとしても、社会とのかかわりを断ち切るのは難しいので要注意です。
お金の勉強

早期退職準備 いっぷく雑談「アメリカ人の老後資金」

日本でも老後2,000万円必要と言われ不安を煽られています。そんな不安を感じるより、今できること(iDecoや積立NISA)を勉強して、自分で老後資金を形成していくという姿勢が大切なのではないかと思います。今日が自分にとっては一番若い日です、行動しましょう。
人生楽しまないと!

早期退職 2.6倍に急増 タルムードの知恵で乗り切れ

タルムードはユダヤ教の聖典として認められており、ユダヤ教徒の生活・信仰の基となっているものです。世界人口の0.2%以下であるにも関わらず、ノベール賞を受賞した約20%がユダヤ人だと言われており、これらの背景に「タルムード」があるようです。
人生楽しまないと!

早期退職 贅沢なお金の使い方

経験や体験を得られることにお金を使えば、自然と私たちの人生は思い出に溢れ、幸せな出来事にも溢れるという訳です。そしてこの満足感は時が経つにつれ増加する傾向があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました