お薦め記事

2021-03

早期退職

早期退職 老後の段取り:年金

繰上げする場合、支給開始時期を1カ月早めるごとに、支給額が0.5%ずつ減額されます(2022年4月以降は0.4%ずつ減額)。一方、繰下げする場合は、支給開始時期を1カ月遅らせるごとに、支給額が0.7%ずつ増額されます。
早期退職

早期退職 60歳前後で退職後の段取りプラン

退職後はどこでどう働くか?、退職金はどうするか?、社会保険は?、年金はもう支給されるの?など、どうするか判断していく必要があります。特に重要なのが、手続き関係です。税金や社会保険料の支払いや年金や失業手当など受け取りも自分で手続きが必要です。
人生楽しまないと!

脳梗塞で心臓のカテーテル手術

ホルター心電図の検査結果より、病名は「発作性心房細動」というものらしいです。動悸があり、脳梗塞のリスクが上昇するとのことで、カテーテルアブレーションという手術をするそうです。1回の手術での根治率は80%で、再発するようであれば2回目の手術も検討になるとのこと。
早期退職

早期退職 割増金込み退職金にお辞儀する銀行支店長

退職金を「退職日にもらえる、永年働いたご褒美」ではなく、「会社に預けてあった定期預金が満期になった」というのはどうでしょう。会社に勤めていた時は「本当は、自分の給料はもっと高いのだが、一部を会社が天引きで社内預金していたのだ」と考える。
早期退職

早期退職 転職先NG行動5選と転職プラスワン

転職後、新しい会社になじめるか不安に思う人は少なくないと思います。職場での人間関係がうまくいかず、悩んだり再度転職を考えたりするケースは多いものです。そんなことになる前に、「新しい職場ではやってはいけないNG行動5選」をお伝えします。
早期退職

早期退職 資産運用3つの秘訣

投資で資産を築く人もいますが、ほんの一握りの幸運者で再現性はありません。だから、資産運用だけで「再現性高く資産を築こう」という考え方はやめましょう。怪しげな「美味しい話」には騙されることなく、投資の王道を歩みましょう。
早期退職

50歳からの転身支援、「70歳まで就業」にらむ

事業の再構築を考える企業としては、働かない残念なおじさんが自ら気づいて自主的にやめていく環境を作りたいと考えています。そうすることによって、上乗せの退職金や再就職支援のパッケージを載せる必要もないという狙いがあるのが見え隠れしています。
早期退職

早期退職 オリンパス844人の応募、ひとり1400万円?

希望退職の対象者は、40歳以上かつ勤続3年以上(3月末時点)の正社員を対象に募集していました。応募者には通常の退職金に加え、特別支援金を支給。希望者には再就職支援を行うそうです。一人当たりの割増金は、1,400万円になると推察されます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました